前へ
次へ

賃貸管理を任せる場合

不動産の仲介と管理は別の仕事です。賃貸管理は資格が絶対になければできないというわけではありません。しかし賃貸管理に関する資格はあるので、仕事としたいと考えているのであれば、資格を取得しておいたほうがよいでしょう。そのほうが賃貸管理の仕事に関する知識も得ることができますし、賃貸物件を利用する人も安心をすることができます。資格があるだけで説得力があるということになってきます。資格はないよりもあったほうがよいですが、他にも欠かすことができない素質があります。それが細かいところまで配慮をすることができる、という点です。例えば、賃貸物件の共有部分の修繕など管理をしている人が気付いて住人よりも先に修繕の依頼を行うなど、先回りをして対応をするということも必要となってきます。言われてから動くのではなく、できるだけ言われる前に動くことが出来る、その能力が求められることがあるので、向き不向きということもあります。

Page Top